ブレードランナー2049

久しぶりの映画感想(映画鑑賞)

そんなダジャレを言ってる場合じゃないけど
これまじで面白かった。

35年前SF映画の金字塔と呼ばれた
ブレードランナーの続編で
ディレクターズカットやら
ファイナルカットやらを経て
ついに今秋公開ってことで
最初のやつ最近みたし
派手でもないし暗いしハリソンフォード弱くね?
くらいにしか思ってなかったんですが

様々な謎を残してるんです
まあそれは観て感じて調べてねっ


ってことで今回のブレードランナー
ここからはネタバレにもなるかもなので
要注意っ

前作で行方をくらましたデッカードが
大きく絡んでいる今作

主人公は第8世代レプリカントの
名もないofficer K のゴズリングで
これまた激シブな役がハマってます。

レプリカントとは
荒廃しそうな地球での重労働をさせるために
生まれてきた人造人間で
前作では人間に逆らうレプリカントも出た為に
安全装置として4年の寿命しか与えられない物です

今作にはその4年の寿命のレプリカントは
絶滅したためにより長く生きられる
第8世代のレプリカントがゴズリングなわけです

それで
この映画が訴えかけたことは個人的には
人間より人間らしく
というのがテーマというかキーワードというかで

荒廃しそうな地球では
人間は今現在生きてる人達より
遥かに酷い思考を持っちゃってて
あんまりまともじゃないわけです。

そんな中レプリカントは
スキナー(人間もどき)と呼ばれ
差別を受けていたわけで

それが引き金に人間になる為に
反乱因子までできちゃう始末

でも不思議とこの映画を観てると
レプリカントの考え
何も間違ってないんだよなあ個人的にはって

ほぼ人間の見た目してるのに
人間だと辛い仕事を押し付けられて
尚寿命も決まってる

ほぼ人間の見た目してるのに
人間と働いてるのにも関わらず
差別を受ける

人間が勝手に創り出したのに
その人間に嫌われる、、、
そんな都合のいい人間に
最早苛立ちすら覚えるくらい

って気づいたらレプリカント目線に
なってる映画です。(笑)

レプリカントが待ち受ける運命とは
一体なんの為に生まれてきたのか

AIも発達してきた現代にも
近い事がおきてるんじゃないか
いやおきるかもしれない!
そんなリアルな作品です。

正直1作目の雰囲気が好きじゃなかったら
あまりオススメできません。
何せ暗いSFだし、、、

でも僕自身のめり込んだわけじゃないけど
伏線やら謎やらググったら
気づいたら虜になってましたよっ

もし観るなら前作をみて
短編の三作品が前日譚としてYouTubeにおちてるから観てからにすると尚良っ!
.
.
.
そんな感じっ!


0コメント

  • 1000 / 1000